‎逆援助交際のまとめ

20代で逆援助交際をする心理とは?

29305858c3892a22aa985386bf75a79b

普通に考えれば、逆援助交際をする女性は、30代や40代ぐらいの女性。さらに人妻や熟女といった女性ばかりのイメージがあります。しかし、出会いサイトや掲示板を見てみると、20代の若い女性も意外と少なくないのです。

なぜ20代で逆援助交際をするのか

そもそも、20代の若い女性であれば、合コンやナンパなどでいくらでも男性と付き合えるイメージがあります。
もっと言えば、掲示板などで「エッチしてください」と書き込みをしていけば、別にお金を払わなくてもエッチができるのではないかと思うわけです。

実際はそう単純ではない

ただ、たとえ20代の女性であっても、自分が満足するセックスをするのは、そう簡単なことではないのです。
そもそも、20代のうちは仕事が忙しかったり、なかなか自分の時間を持てないことも多いのです。
ですから、恋人を作れないだけでなく、合コンに参加したり出会いを探す機会も少なかったりするのです。

実は20代は性欲が溜まりやすい

一見すると、性欲が溜まりやすいのは30代や40代の女性のイメージがありますが、実は20代の女性の方が性欲自体は溜まりやすいと言えるのです。
しかも、その性欲がかなりの域にまで達すると、もはや普通にセックスするだけでは満たされなくなってしまうのです。
そうなれば、逆援助交際をして、自分の願望を全て叶えてもらうしかないのです。

学生時代から性欲が溜まっていた可能性も

そもそも、学生時代からすでに性欲が溜まっていた可能性もあるのです。
女子大に通っていた出会いがなかったり、家庭が厳しくて恋愛が認められていないなど、そういった事情でセックスがロクにできなかった女性も多いわけです。
社会人になれば、お金にもそれなりに余裕ができますし、自由に行動することもできますから、今まで溜まりこんだ性欲を全て解消するために、逆援助交際をしたいと思うわけです。

結局年代は関係ない

結局のところ、逆援助交際は20代だろうが30代だろうが40代だろうが、年齢は一切関係ないと言えるのです。

セフレと逆援助交際は違うのか

651e4c04d7bc139e354961c09f543092

セックスをするための関係として、セフレを作る人もたくさんいます。
では、同じようにセックスをするだけの関係である、逆援助交際と性質は異なるのでしょうか?

逆援関係には援助が絡む

逆援助交際の場合は、援助が絡むことになります。
女性が男性にお金を援助をして、それに対して男性は女性に希望のエッチを提供してあげるのです。
そのため、セフレ関係に比べると、女性の方が立場は上ですし、女性が主軸となるセックスになるのです。

セフレは純粋にセックスをする

一方でセフレ関係の場合は、お金の援助は特に行わず、あくまでも純粋にセックスをします。
特にどちらの立場が上だということもないですし、お互いの希望をお互いが叶えることになります。
そういう意味では、この2つは似ているようで全く違う関係とも言えるのです。

なぜセフレではなく逆援助交際なのか?

では、掲示板やサイトで逆援募集をしている女性は、なぜセフレではなくそちらを選択するのでしょうか?
セフレであれば、わざわざお金を払う必要もないので、そちらを選んだ方がいいように思えます。
ただ、やはり自分がやりたいセックス、自分が最高に満足できるエッチをするためには、やはり逆援助交際の方が適していると言えるのです。
どんな希望も男性に叶えてもらえるので、それだけ大きな充実感を得られるのです。

男性としてはどちらがいいのか?

では、男性としてはどちらの方がいいのでしょうか?
セフレであれば、ある程度は自分がやりたいセックスもできますが、逆援関係の場合は女性のことを考えたセックスをしなければなりません。
ただ、それを考慮しても、やはりお金を援助してもらえるのは非常に魅力的なことですから、できればこちらの方がいいと思う男性も多いのではないでしょうか。

明確な線引きはない

ただ、セフレの関係であっても、男性が女性に、あるいは女性が男性にいくらか援助をすることもあります。
したがって、実際のところは両者に明確な線引きはないと言えるのです。
参考サイト:逆援助交際しよう!出会い系サイトや掲示板で無料で探す

Copyright(c) 2016 ‎逆援助交際のまとめ All Rights Reserved.